財務会計が把握できないとどうなる?

経営を行う上で、財務を把握していないとどうなるでしょうか?

まず第一に言える事は、本当に儲かっているのか分からなくなります

目先のお金の出し入れだけでやりくり ( 簡単に言ってしまえば「 どんぶり勘定 」ですね )していると、何にどのくらいの費用が発生しているのかが見えなくなってしまいます。

そのため、

「あんなに忙しかった割には、あまり儲かっていない気がする・・・」

と感じる経営者の方が数多くいるのです。

また、どんぶり勘定をしていると、事業年度の最後になって、正確な決算書等を作成することができません。そのため、余計な税金が発生したり、予想に反して赤字になっているなど後々弊害が出てくることにもなるのです。

財務をおろそかにすると、正確な業績を把握することができなくなるため、経営者としての努力が結果として現れなくなる恐れがあります。

第二に、経営判断のスピードが鈍ります

業績の悪化に気付いても、改善すべき項目の把握に時間が掛かり、すぐに対応することができません。
業績が悪化したので経費を抑えようとしても、日々の財務諸表が正確でなければ、どの経費をどのくらい抑えればよいかが分からないのです。
事業年度の最後になって決算書等を作成した後、ようやく自社の経営成績を把握するようでは遅すぎます。

財務諸表は企業にとっての通信表です。一年に一回決算書等を作成した段階で最終数字を見て経営成績の判定をするのではなく、日々作成する財務諸表を見て、その都度自社の経営成績の判定をしてみましょう。

企業によっては、毎月1日に先月分の月次財務諸表が完成しているケースもあります。そのような企業は、財務に基づいた改善を常に行っているため、間違いなく経営成績が良好です。
正確な財務諸表を作成することにより、企業経営の改善項目が必ず見えてきます。

会計を未来の経営に役立てるシステム作りをぜひ行ってみて下さい。

 

                                      → 会計の必要性へ

                                      → 提供サービスメニューへ