新規開業支援パック

法人を設立開業もしくは個人事業を開業した後、
 

最初にどのような帳簿を作成すればいいのか分からない…

 
そのような方は以外と多いのではないでしょうか。

 
そこで、新規開業支援パックでは、開業後最初の3ヶ月間で作成すべき帳簿の指導をさせていただきます。
作成する帳簿につきましては、お客様の経理体制に合わせて何通りかの方法を提案させていただきます。                 

具体的には、手書きによる記帳・エクセルによる記帳・会計ソフトによる記帳など、お客様に一番マッチする方法を提案致します。
 
また、法人を新規設立もしくは個人事業を新規開業した場合には、税務署や市町村等にいくつかの書類を提出する必要があります。

書類によっては期限が明確に定められており、期限内に提出しなかった場合には様々な特典を受けることができないなど、不利な影響を及ぼす書類もあるのです。

新規開業支援パックでは、帳簿の記帳指導と共に税務署等に提出する書類の作成を当事務所にて行います。               

また、この3ヶ月間につきましては、月2回〜3回のペースで訪問させていただき、
経理体制がしっかり整うようにバックアップ致しますのでご安心下さい。

 

新規開業支援パックで契約した場合のメリットとデメリットを紹介します。


 (1) メリット

  • 月次顧問契約に比べ、費用が掛からない
  • 開業当初から正規の帳簿を作成することができる
  • 税務署等に提出する書類に漏れがない
  • 記帳指導を受けることで、税務上重要な規定を確認することができる

 

(2) デメリット

  • 4ヶ月目以降は自社ですべての帳簿を作成しなければならない
  • 税制改正があった場合に、すぐに対応できない可能性がある

 

→ 契約までの手順へ

→ 月次顧問契約へ

→ 財務コンサルタント契約へ