財務コンサルタント契約

財務コンサルタント契約とは、月次試算表の作成は会計事務所で行わず、経営( 特に財務を中心 )に関するアドバイスや、税制改正により影響を受ける会計処理の改善をアドバイスする契約です。

その他にも、作成した帳簿が正確かどうかのチェック、現在のキャシュフローの状況説明など、財務全般に関する相談等を行います。

毎月の契約ではなく、四半期や半期ごと又は決算前のみなど、スポットでの契約を締結することもできます。

自社で試算表を作成することはできるが、決算の時だけ会計事務所に見てもらうだけでは不安な方や、必要な税額等を把握し資金繰りの計算をしておきたい方などに向いている契約です。

注意していただきたいのは、試算表等の帳簿が正確にできていることが前提となりますので、自社で経理システムを確立させる必要があります。

 

財務コンサルタント契約を締結した場合のメリットとデメリットを紹介します。

(1) メリット

  • 費用が安価である
  • 毎月契約ではなく、スポットでも契約ができる
  • 節税対策や資金繰り対策が立てやすい
  • 税務に関する不明な点をすぐに相談できる
  • 税制改正にすぐに対応することができる
  • 財務コンサルタント契約と決算処理契約を組み合わせることにより、安価で体系的なサービスを受けることができる


(2) デメリット

  • 自社で帳簿を作成しなければならない
  • 財務コンサルタント受けるために、帳簿を正確に作成しなければならない

                                                                                     → 契約までの手順へ

                                                                                      → 月次顧問契約へ

                                                                                      → 新規開業支援パックへ