月次顧問契約

月次顧問契約とは、毎月1回御社に訪問させていただき、当事務所で提供する会計ソフトを利用して、月ごとの試算表を作成する契約です。

毎月訪問し、作成された帳簿の確認と税務相談を行います。
毎月訪問することで、財務に関して体系的なサービスを提供することができます。
月次顧問契約はもっともポピュラーな契約であり、通常税理士との顧問契約というと、この月次顧問契約のことをいいます。

作成する帳簿につきましては、毎月訪問させていただきますので、一番理想とするリアルタイムな帳簿を作成( これを自計化といいます )していただきたいと考えております。

会計の必要性のページで紹介させていただきましたが、作成する帳簿により経営の方向性は大きく変わっていきます。その利点を享受するためにも、月次顧問契約をするからにはぜひリアルタイムな帳簿の作成( 自計化 )をおすすめ致します。

月次顧問契約を締結した場合のメリットとデメリットを紹介します。

(1) メリット

  • 毎月訪問するので、会社の財務が把握でき、会計事務所との意思の疎通がしやすい
  • 帳簿の間違いが減り、正確な損益を把握することができる
  • 節税対策や資金繰り対策が立てやすい
  • 経理処理のやり方等、不明な点をすぐに相談できる
  • 税制改正等があった場合にすぐに対応できる

 

(2) デメリット

  • 毎月の顧問料が掛かる

                                                                                 → 契約までの手順へ

                                                                                 → 財務コンサルタント契約へ